ササラ(SASALA)の解約方法を解説!条件は契約プランによって違う!1年延長もできるからまずは相談!

「脱毛しよう」と決めてサロンと契約をしても、色々な理由により解約することもあります。
もちろん契約するときは解約する気はないでしょうが、自分の意思ではなくても解約しなければならない場合も

そこで解約する理由、解約の方法、解約に必要なものや流れなど、解約のことについて書いていきます。
サロンによって返金や違約金、解約料は違いますから、ササラはどうなのか見ていきましょう。

解約する理由はいろいろ!特に引越しや妊娠が理由のことが多い

脱毛サロンの解約をする理由は、お店の雰囲気が合わない、脱毛効果を感じられないといったことだけではありません。
中には自分の意思ではなく、解約するしかない状況になってしまうこともありますよ。

ではよくある解約理由を紹介していきます。

引っ越しをすると店舗に通えなくなる!

脱毛の解約理由に多いのが引っ越しです。
引越しをしても近くに店舗があることもありますが、場所によっては通うことが不可能になるというケースも。

引越しを脱毛のためだけに止めるわけにもいきませんし、転勤や進学、就職に関係している引越しであれば時期をずらすこともできませんよね。

進学の時期はいつか決まっているので予定が立てやすいですが、就職や転勤は突然決まることもあるので解約するしかないのです。
引越し先に別の店舗があればラッキーですが、そうでない時は解約するしかありません。
ササラはまだあまり店舗数が多くありませんから、引っ越しをするとなると解約をするというケースが多いのです。

妊娠をすると施術そのものができなくなる!

引越しと同じくらい多いのが、妊娠が理由の解約です。
妊娠していても胎児に影響があるわけではありませんが、ホルモンバランスが変化していることにより脱毛をすると肌にトラブルが起こることも。

施術を受けることでシミができる、強い刺激を感じるということもあり得ますから、妊娠中の脱毛はNG
突然具合が悪くなることもありますし、施術そのものができなくなってしまうので解約することになるのです。

妊娠していても施術ができる脱毛サロンはありませんし、様々なトラブルが考えられるので黙って施術を受けるなんてことも止めておきましょう。

突然妊娠が発覚することもあるので、解約した場合の解約金や手続きのことも知っておくと安心ですね。

ササラなら有効期限を1年間延長してくれる!脱毛効果もあるから安心

ササラでは、脱毛プランごとに利用できる期限が決まっています。
しかし状況によっては 有効期限を1年間延長することが可能

妊娠や引越し以外にも留学や入院といった解約理由が多いですが、そういった理由を申告すれば有効期限を1年間延長してもらうことが可能なのです。

どのような理由であれば延長できるかという決まりはないので相談する必要がありますが、妊娠や転勤、留学、入院、日焼けなどであれば問題なく延長してもらうことができますよ。

延長して脱毛期間を空けたからといって、 脱毛効果がなくなるわけでもないので安心。
IPL脱毛とSHR脱毛のハイブリッド脱毛器を使っていますから、脱毛効果は維持されたまま、その途中から再開することができます。

つまり、期間を空けても脱毛効果がなくなるわけではなく、問題なく途中から再開することができるので安心してくださいね。

解約方法は契約プランによっても違う!無理な引き留めはないから安心

ササラで解約をする方法は契約したプランによっても異なります
解約をすると決めたらまずはスタッフにそのことを告げ、指示に従うようにしましょう。
電話だけでは解約できないので、店舗に行って手続きをすることになりますよ。

ササラでは無理な引き留めなどはありませんから、解約すると決めたら早めに伝えるようにしてくださいね。

月額制は2ヶ月以上継続すればいつでも解約できる

月額制は月々支払っていくタイプの契約プランです。
最低継続回数は2ヶ月となっているので、 2ヶ月以上継続していればいつでも解約OK

こちらのプランであれば 解約手数料などの費用もかかりませんし、月額プランなので返金などもありません。

契約したときと同じように印鑑や通帳、身分証明書をもって手続きを行うことになります。
まずは電話でも直接でも良いのでスタッフに解約することを伝え、書類を用意してもらい手続きを行っていきましょう。

2ヶ月以上継続していない場合は、2か月継続後に解約手続きとなりますよ。

回数パック制はクーリングオフか途中解約をしないといけない

回数パックで契約した場合、クーリングオフか途中解約をして解約していきます。
途中解約であれば手数料がかかります クーリングオフであれば手数料はかかりませんから、できるだけクーリングオフを使っていくようにしましょう。

クーリングオフを使える条件は、契約から8日以内、契約金額が50,000円以上である、施術を1回も受けていないという3つです。
3つ揃って初めてクーリングオフができますから、クーリングオフの書面を用意して店舗に郵送しましょう。

クーリングオフが対象ではないときは、途中解約となります。
残った回数分の金額×10%で計算されることになり、その計算で出た金額が解約手数料です。
ただし上限は20,000円ですから、20,000円以上の解約手数料がかかることはありませんよ。

もちろんクレジットカード払いでもローン払いでも解約手数料を引いた金額が返金されます。

クーリングオフが適用となれば手数料などは一切かかりませんが、適用とならない場合は費用がかかります。
つまり、1回も施術を受けていないとしても解約手数料はかかりますよ。

返金は書類を提出してから2~3週間ほど。
万が一振込みがされない場合は店舗へ連絡を入れるようにしてください。

クーリングオフのやり方は簡単!自分でハガキや便せんに記入しよう

通常の解約や途中解約はスタッフに伝えて、印鑑や通帳、支払いに使った物を持参して手続きをするだけなので簡単です。
クーリングオフも手順を知っておけば簡単にできますよ。

クーリングオフをするときは、ハガキや便せんに必要な内容を書いて送ります。
一番上に「通知書」と書き、契約日やコース名、金額、契約会社、支店名、担当者の名前を契約書通りに書いていきましょう。

そして「上記の契約を解除する」という有無をハッキリと書き、振込先となる自分の口座を記入しておきましょう。
書類を作成した日にちも書いておくようにし、契約した店舗へ直接郵送で送れば良いだけです。

クレジットカードで決済した場合はカード会社の方にも通知書を送ります。
契約した年月日、契約プラン、金額、販売会社、支店名、担当者、記入した日付を記入し、最後に氏名と住所を書いて送りましょう。

ローン払いやクレジット払いでもクーリングオフはできるので安心してください。

ササラの解約はそんなに難しくない!落ち着いて対処しよう

月額制の場合、2ヶ月以上継続すると解約手数料などはかかりません。
回数パック制の場合はクーリングオフすれば無料、途中解約をしたら解約手数料が最大で20,000円かかります。

どんな理由で解約するのかはその時になってみないと分かりませんが、落ち着いて対処すればそんなに難しいものでもありませんよ。
どちらにしてもまずはスタッフに相談して解約したいと伝えることから始めていきましょう。

場合によって1年間の延長をすることもできますが、1年延長では足りないと判断した場合はスタッフの指示に従って解約していってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です